2017年03月05日

面白い映画を見つける、ひとつの指標

 なんか面白い映画みたいなと思いながら「全米ナンバーワン」のうたい文句にひかれてみる映画。結果はよかったり、よくなかったり・・・。
 公開してから時間のたった映画のなかから面白い映画を見つける、ひとつの指標として紹介するのは「脚本賞」受賞作品を選びましょう。

 どうしてか。
 作品賞は、作品の良し悪しだけでなく、人種差別などその年の世相を反映して受賞することがあるので後年見てみると「悪くないけど、なんで作品賞とれるほどいいの?」なんてものもあります。
 その点、「脚本賞」受賞作品はハズレがありません。脚本が純粋に面白いかどうかが重要ですので。
 アカデミー賞だけでなく、いろいろな映画賞の脚本賞受賞作品を調べてみてみてください。


posted by カエサル。 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。