2014年07月11日

老化アプリでなく、自分の顔を老化加工で見てみる(10年後くらい)

「Oldify」というスマホの老化アプリがあります。
 写真の顔に年をとらせる加工ができるものです。
 例えば、
2020934_201301240238798001358982032c.jpg
が、
9d6869b6-s.jpg
という風に。使用アプリはOldify2だと思います。堀北好きは怒らないでね。ネットで出回っている画像ですから。
 でもアプリ使わずとも自分の顔を老化させる方法があります。
 用意するのは手鏡。手鏡をまっすぐ持ち、自分の顔を写します。そのまま手鏡を下へ。自分の顔を写したままで。
 そこに写っている顔が十年くらい老化させる顔です。重力に負けた顔という訳です。
 逆に手鏡を上へ持っていき、見上げる顔は十年ほど若い顔です。以上です。


posted by カエサル。 at 12:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。